楽天商品画像のガイドラインツールと推奨・判定△・作り方を徹底解説

楽天商品画像のガイドラインツールと推奨・判定△・作り方を徹底解説

楽天市場では、商品を出品する際に、適切な商品画像の登録が求められます。本記事では、楽天市場の商品画像に関するQ&Aをまとめ、商品画像の作成や登録についての注意点を解説します。

関連記事:【完全ガイド】楽天サムネイルデザインのすべて:画像作成とガイドライン徹底解説

目次

楽天の商品画像登録ガイドラインに画像判定ツールについて

楽天の商品画像登録ガイドラインには、商品画像について一定の基準が定められています。その中で、画像判定ツールについては以下のように記載されています。

商品画像には、原則として商品そのものを写したものを使用することが望ましい。
人工物(CG等)は使用しないことが望ましい。
真っ白背景(RGB値#FFFFFF)で撮影された画像が最も好ましい。
画像判定ツールによる判定を行い、以下の条件を満たす画像を使用することが望ましい。
ファイル形式:JPEG、PNG、GIF
画像サイズ:長辺2048px以内、容量5MB以内
画像解像度:72dpi以上
背景色:真っ白(RGB値#FFFFFF)
商品が正面に写っていること
商品が画像の中央に位置していること
商品が画像の80%以上を占めていること

楽天市場では、商品画像の品質を向上させるために、画像判定ツールを提供しています。このツールを使用することで、上記の基準を満たす商品画像を簡単かつ確実に登録することができます。具体的な使い方については、楽天市場のヘルプセンターを参照してください。

楽天市場への画像掲載ルールについて

楽天市場では、商品画像の掲載ルールが定められています。以下に、主なルールを紹介します。

画像の品質
商品画像は、明るさ、コントラスト、シャープネスなどが適切で、商品の特徴を明確に表現していることが求められます。

画像のサイズと形式
画像のフォーマットは、JPEG、PNG、GIFが使用可能です。また、画像の長辺が2048ピクセル以下、容量が5MB以下であることが必要です。画像の解像度は、72dpi以上であることが望ましいとされています。

背景色
商品画像は、真っ白(RGB値#FFFFFF)の背景に撮影されていることが求められます。また、背景にロゴやテキストを入れた画像は使用できません。

商品の正確な表現
商品画像には、実際の商品と一致した画像を使用することが必要です。また、撮影された商品の状態が分かるように、商品の欠陥や瑕疵を明示するように注意してください。

禁止事項
楽天市場では、不適切な画像掲載を禁止しています。以下のような画像は使用できません。

著作権侵害を含む画像
ポルノグラフィックな画像
人種、性別、宗教、政治的信条などを差別する内容を含む画像
他人のプライバシーを侵害する画像
不適切な表現を含む画像

以上が、楽天市場における画像掲載のルールの主な内容です。楽天市場では、これらのルールに従って、適切な商品画像の掲載をお願いしています。

楽天の出品時における商品画像を作成する際の注意点と押さえておくべきポイント

楽天市場での出品時における商品画像を作成する際の注意点と押さえておくべきポイントは以下の通りです。

商品の特徴を明確に表現する
商品画像は、商品の特徴を明確に表現することが重要です。商品の形状、色、素材などが分かるように、アングルや拡大写真を活用して、できるだけ詳細に表現するように心がけましょう。

背景は真っ白にする
楽天市場では、商品画像に真っ白な背景を使用することが求められています。背景に他の色や模様を使用しないように、背景を真っ白にして撮影するようにしましょう。

高品質な画像を使用する
商品画像は、できるだけ高品質な画像を使用することが望ましいです。画像の解像度が低いと、商品の特徴が分かりにくくなってしまいます。また、画像がぼやけていたり、色合いがおかしい場合は、購入者が商品を正確に判断することができなくなってしまいます。

制限に注意する
楽天市場では、画像のファイルサイズや画像の形式、長辺の長さなどに制限があるため、注意が必要です。ガイドラインに準拠して、適切なサイズの画像を作成するようにしましょう。

禁止事項に注意する
前述の通り、楽天市場では不適切な画像の掲載を禁止しています。著作権侵害、ポルノグラフィックな画像、人種・性別・宗教・政治的信条などを差別する内容、他人のプライバシーを侵害する画像、不適切な表現を含む画像などは使用しないようにしましょう。

以上が、楽天市場での出品時における商品画像を作成する際の注意点と押さえておくべきポイントです。

楽天市場の商品画像の最適な画像サイズ

楽天市場における商品画像の最適な画像サイズは、以下の通りです。

・長辺が2048ピクセル以下
・容量が5MB以下
・解像度は72dpi以上

楽天市場のガイドラインによると、商品画像のファイルサイズは5MB以下に抑える必要があります。また、長辺が2048ピクセル以下であることも条件の一つです。解像度は72dpi以上であることが望ましいとされています。

これらの条件を満たす画像を使用することで、商品画像が適切に表示され、サイトの読み込み速度も速くなるため、ユーザーにとっても良い体験となります。

楽天の画像判定で△について

楽天市場の画像判定では、商品画像が以下の3つの評価のいずれかに分類されます。

○:基準に適合した画像
×:基準に適合しない画像
△:基準に近いが、わずかに条件を満たしていない画像


「△」は、基準には近いが、わずかに条件を満たしていない画像です。例えば、商品が中心に写っているが、画像の80%を占めていない場合などが該当します。この場合は、基準に適合した画像と同様に掲載が可能ですが、より良い画像を用意することを推奨しています。

なお、楽天市場では、「×」の評価を受けた画像は掲載できません。また、「△」の評価を受けた画像も、条件を満たすように修正することが望ましいとされています。

楽天出品の商品画像でカラバリやデザイン違いはどこまで合成OKなのか?

楽天市場では、商品画像に関するガイドラインがありますが、カラバリやデザイン違いに関しては具体的なルールが設けられていません。しかし、商品画像が消費者に正確な情報を提供し、商品の特徴を伝えることが求められています。そのため、カラバリやデザイン違いに関しても、商品の特徴を的確に表現することが重要です。

例えば、服やアクセサリーなどのファッション商品の場合、カラバリやデザイン違いが多数ある場合があります。この場合、同じポーズや角度で撮影した商品画像を合成することで、多くの商品を一覧できるようにしているケースがあります。

しかし、商品画像の合成には注意が必要です。複数の商品画像を合成する場合でも、各商品が明確に分かるように、画像の切り替えがスムーズであることが求められます。また、カラバリやデザイン違いによってサイズや形状が異なる場合は、それを明確に表現する必要があります。

総じて、カラバリやデザイン違いの商品画像については、商品の特徴を正確に表現することが重要であり、消費者が混乱することのないように配慮することが求められます。

楽天の商品画像の作り方

楽天市場での商品画像の作り方について、以下に解説します。

撮影環境の整備
商品画像を撮影する前に、撮影環境を整備することが大切です。商品を撮影する場所は、十分な光がある場所で、真っ白な背景を使用するようにしましょう。また、カメラのセッティングも確認しておきます。

商品のアングルと位置の決定
商品の特徴を伝えるために、商品を最も良いアングルから撮影するようにします。また、商品が中央に位置するように調整することも大切です。

商品の撮影
商品をアングルや位置に合わせて撮影します。商品の大きさによって、ズームやレンズの交換が必要になる場合があります。

画像の編集
撮影した画像を編集し、必要な修正を行います。編集ソフトを使用して、明るさ、コントラスト、シャープネス、サイズなどを調整し、最適な画像を作成します。

楽天市場の基準に合わせる
楽天市場のガイドラインに基づいて、商品画像のサイズ、フォーマット、背景色、画像の品質などを確認し、修正が必要な場合は、修正を行います。

登録と掲載
商品画像を楽天市場に登録し、掲載します。掲載後も、商品画像に問題がある場合は、修正を行う必要があります。

以上が、楽天市場での商品画像の作り方の一般的な流れです。ただし、商品によっては、商品の特徴を最も良く表現するために、他にも撮影方法がある場合があります。商品に合わせた最適な方法を選び、商品画像を作成していくようにしましょう。

楽天の画像判定ツールについて徹底解説

楽天市場では、出品者が登録した商品画像を自動的にチェックする画像判定ツールがあります。このツールは、出品前に画像の品質や規格を確認することができるため、正しい画像を登録するためのツールとして役立ちます。

楽天の画像判定ツールでは、以下のような項目がチェックされます。

ファイルサイズ
画像ファイルサイズが5MB以下かどうかを確認します。

画像サイズ
画像の長辺が2048ピクセル以下であるかどうかを確認します。

解像度
画像の解像度が72dpi以上であるかどうかを確認します。

背景色
背景色が真っ白(RGB値#FFFFFF)であるかどうかを確認します。

画像の品質
画像の明るさ、コントラスト、シャープネスなどが適切であるかどうかを確認します。

画像内の商品表示
画像内に商品が中心に配置され、商品の表現が正確かどうかを確認します。

画像内の不要な表示
画像内に不要なテキストやロゴが含まれていないかどうかを確認します。

画像判定ツールは、出品前に画像をチェックし、不適切な画像を登録しないようにするために役立ちます。ただし、ツールでのチェックはあくまでも自動的なものであり、正確なチェックを行うためには、出品者自身がガイドラインに従って画像を確認することが重要です。

楽天の商品画像は何枚まで登録できるのか?

楽天市場の商品画像について、1商品あたりの登録可能な枚数については、公式な制限が設けられていません。しかし、商品の種類やカテゴリーによっては、多数の画像を登録することが望ましい場合もあります。

楽天市場では、商品画像を使って商品の特徴を伝え、消費者に正確な情報を提供することが求められます。そのため、商品の種類や特徴に応じて、必要な画像を登録するようにすることが重要です。

例えば、洋服やアクセサリーなどのファッション商品の場合、商品のカラバリやデザイン違いが多数ある場合があります。この場合、同じポーズや角度で撮影した商品画像を合成することで、多くの商品を一覧できるようにすることもできます。また、商品の機能や特徴を分かりやすく伝えるために、商品画像を拡大したり、詳細なアングルで撮影することも重要です。

総じて、楽天市場では、商品の特徴を正確に表現するために、必要な枚数の画像を登録することが望ましいとされています。商品の種類や特徴に応じて、適切な枚数の画像を登録するようにしましょう。

まとめ

楽天市場での商品画像は、消費者にとって商品を選ぶ上で非常に重要な要素の一つです。適切な商品画像を登録することで、商品の特徴を正確に伝え、ユーザーにとって購入の参考となります。

本記事では、楽天市場の商品画像に関するQ&Aをまとめ、商品画像の作成や登録についての注意点を解説しました。ただし、素人や個人でも、簡単な編集や修正は可能ですが、より高いクオリティを求める場合は、プロの画像加工代行サービスを利用することも考慮すると良いでしょう。


amazonのカタログ作成代行については下記をご覧ください。

Amazonで勝つ!カタログ作成の完全ガイド

以下の記事も是非ご覧ください。

中国OEMとは?

撮影代行ブログ

スタジオパフのサポート

私達スタジオパフには、ネット通販で売上を上げるためのノウハウやコツが現役で蓄積されています。売れる写真を撮るための具体的なアドバイスやサポートを提供し、プロフェッショナルな撮影からAmazon出品ページの画像作成、コンサルティングまで幅広くサポートしています。

ネット通販で成功するためには、売れる写真を撮ることが重要です。当社のサービスを利用することで、商品の魅力を最大限に引き出し、売上を大幅に伸ばすことができます。ご興味のある方は、ぜひ一度ご相談ください。

Amazonでの商品ページ作成は「スタジオパフ」がおすすめ

スタジオパフへのお問い合わせは上記画像をクリックいただくか、こちらからお気軽にお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次